第9回エクセレントNPO大賞 応募フォーム(部門賞)

Ⅰ. 応募団体のプロフィール

1. 団体の基本情報

① 団体の名称

例:NPO法人 地域環境を保護する会

例: ちいきかんきょうをほごするかい

例:年に数回、ボランティアを募って、○○海岸のゴミ拾い等を行っている。

④ 代表者

例:山田 五郎

例:やまだ ごろう

例:2001年8月

⑥ 団体の所在地

例:03-1111

例:東京都文京区本郷1-1-1

例:300万円

2. 団体の連絡先

① 担当者

例:山本 花子

例:やまもと はなこ

例:03-1111-1111

例:03-1111-1112

例:abcdfeg@gmail.com (半角)

⑤ ホームページ

ホームページを持っている場合は「有」、持っていない場合は「無」をご選択ください。

ホームページを持っている場合、そのURLをご記入ください。

3. 情報開示状況

① 事業報告書

事業報告書をホームページ上で公開している場合は「有」、公開していない場合は「無」をご選択ください。

事業報告書を公開している場合は、そのURLをご記入ください。

② 会計報告書

会計報告書をホームページ上で公開している場合は「有」、公開していない場合は「無」をご選択ください。

会計報告書を公開している場合は、そのURLをご記入ください。

③. 役員一覧

役員一覧をホームページ上で公開している場合は「有」、公開していない場合は「無」をご選択ください。

役員一覧を公開している場合は、そのURLをご記入ください。

4. 応募について

3つの賞のうち、どの賞での審査を希望するか、1つご選択ください。
※審査委員会の判断により、ご希望とは異なる賞で審査する場合もございますので、ご了承ください。

今回の募集情報はどこで得ましたか。該当する項目をご選択ください(複数選択可)。

エクセレントNPO大賞にご応募されたのは、今回で何回目ですか。

Ⅱ. 自己評価

各評価項目において、貴団体の活動を5点満点で自己採点したうえで、その採点の理由をご記入ください。理由の記入にあたっては、貴団体の活動状況を説明したうえで、自己採点の理由や根拠を具体的に示してください。理由は600字以内でご記入ください。
また自己採点は、組織やその活動における不十分な課題を見据え、それに対してどのような対策を取っているかなど、適切な点数をご記入ください。

1. 市民性

自己採点(1~5点)

(1)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】団体の活動計画の中で、どの部分でボランティアに働いてもらうのかを明らかにし、組織内で共有した上で、具体的にどのような仕事をしてもらうのかを定め、説明できるようにしているかを問う基準です。
※ここでいうボランティアとは、雇用契約に基づかず、団体活動に参加、支えている人をさします。有償、無償のいずれも含まれます。

自己採点(1~5点)

(2)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】ボランティアがホームページなどを通じて開かれていること、また、活動の内容や時間帯や場所、専門性や経験などの必要性の有無が分かり易く説明されているかを問う基準です。

自己採点(1~5点)

(3)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】活動を始める前に、ボランティアに対して、団体の使命や目的を説明し、仕事の内容、実施上の注意事項について分かりやすく説明しているかなどを問う基準です。

自己採点(1~5点)

(4)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】ボランティア活動後に振り返りの機会を持つことで、より達成感を持ってもらえると言われています。また、ボランティアから改善に有益な意見を得ることもあります。本基準はそのような機会を持つことができているかを問うものです。

自己採点(1~5点)

(5)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】寄付者に対して寄付受領のレターを送り、その後、寄付をどのように活用したのかなどの報告することなどをさしています。

2. 課題解決力

自己採点(1~5点)

(6)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】課題をどのように認識しているかは、組織や事業の目的に直結する大事な事項です。あなたの組織が取り組む社会問題や課題を理解していると答えるだけでなく、どのような課題であるのかについて、対象の規模や量など踏まえ、具体的かつ簡潔に記してください。

自己採点(1~5点)

(7)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】社会的インパクトとは、地域や社会大の大きな効果や影響、制度や社会的仕組みを変えるような大きな影響をさします。そうした大きな視点をもっているかを尋ねています。目の前の課題とその解決にのみ捉われることなく、根本にある問題に目を向けられているか、また、活動を行う際に、これらの視点を踏まえているかどうかが問われています。

自己採点(1~5点)

(8)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】あなたの組織が取り組む社会問題や課題に即して、対象となる地域や人々へのプラスの影響を、目標(アウトカム目標)として設定しているのかを問いかけています。組織のアウトカム目標について簡潔に示してください。

自己採点(1~5点)

(9)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】リーダーが、目標(課題解決)を明確に示し、そのために必要な人材や資金を集め、それらがうまく力を発揮できるようにマネジメントしているかを問うものです。

自己採点(1~5点)

(10)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】この基準は、評価を適正に実施できているかを問うものです。組織の目標に沿って成果を出しており、それを根拠となるデータや事例で示せていることを簡潔に説明することが求められています。

自己採点(1~5点)

(11)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】日頃のモニタリングや観察、あるいは活動の振り返りを通じて、活動の対象(対象者、対象地域など)、あるいは活動の方法について改善点や、新たな活動案を見出しているかを尋ねています。また、そこで発見された改善点や活動案を実行に移しているかなどを尋ねています。

3. 組織力

自己採点(1~5点)

(12)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】先の基準にある項目が、ホームページやパンフレットなどの公開資料に示されていることを説明してください。

自己採点(1~5点)

(13)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】これまでの応募団体の自己評価書から、収入多様性の必要性について良く理解されていることがわかってきました。他方で、必要性はわかっていても、実現は難しいので、どの点が改善点か、可能であれば改善策としてどのようなプランをもっているかなどを記すと良いでしょう。

自己採点(1~5点)

(14)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】これまでの応募団体の自己評価書から「透明です」のみ回答しているものが散見されました。その根拠になるものをあわせて説明することが肝要です。公序良俗に反する資金を受け取らないための方針やチェックの仕組みがあることなど、客観的な根拠を示すとよいでしょう。

自己採点(1~5点)

(15)の自己採点の理由を600字以内で記入してください。
【記述のヒント】スタッフの育成・成長を後押しすることが組織運営の大事な事柄であると組織内で認識され、それが実行されているかを問う基準です。

組織を立ち上げるに至った思いから、その経緯や理由、またこれまでの活動状況や実現できたこと、そして今後のビジョンなど、組織のストーリーについて自由に記述してください。(最大1000字以内)

送信中..